スカイラインレストアプロジェクト

2018年 6月12日(火)

右側リヤタイヤハウス内の錆びで穴が開いた部分を修理。

前回作成したパネルを整形し、微妙な曲面を作り上げました。

作った後は、溶接し完成させました!

左サイドのインナーパネルを溶接。

溶接する部分の防錆材を剥がし、穴を開けます。

隣の塗装工場よりスポット溶接機(※)をお借りしてきました!

使い方を確認し、短時間で溶接完了!やはり道具は必要ですね…

 

※スポット溶接とは・・・2枚のパネルを電極棒で加圧しながら電流を流し、

 接触面に発生する抵抗熱でパネルを溶解凝固し、溶接させること。

 

 

スポット溶接機が使えない横の部分は手で溶接しました!

左サイドインナーパネルを溶接し完成!!

ボディーだけではなく、エンジンにも着手。

レストアメンバー風の車好き&車いじり好き部長!

前回も今回もご参加頂きました。

エンジンを分解し、内部の汚れを取ってピカピカにして頂きました!

2018年6月18日

ページトップへ